blog top Category Archive All title Tag Search RSS Admin
プロフィール

YMJ

Author:YMJ
year of birth:1974
hometown:osaka
favorite song:off the wall
chief of HIStory store

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト [------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
【DVD】30TH. ANNV. CELEBRATION 2001(セレブレイション 2001) [20110824]
今回ご紹介するのは「【DVD】30TH. ANNV. CELEBRATION 2001(セレブレイション 2001)」です。
2001年9月7日と10日(9.11同時多発テロの前日!!)、ニューヨークのマディソンスクエアガーデンにて行われた、マイケルのソロ30周年記念ライブの映像です。
結果的にこれがマイケルとジャクソンズのラストライブになってしまうのだが・・・ マイケル40歳。

1971年、マイケル初のソロシングル「Got to be there」を発表してからちょうど30年。
この日のために超豪華なアーティストがマイケルのために終結したのだが、そのメンバーがまたスゴイ!
第一幕はその豪華アーティストたちがマイケルのためにマイケルの楽曲をはじめとした様々な曲をマイケルに贈る。
まずは「星の王子ニューヨークへ行く」や「スターウォーズ エピソードⅠ~Ⅲ」でおなじみののサミュエル・L・ジャクソンのMCでスタート。
最初の曲、「Wanna be startin'something」からいきなりアッシャー、マイヤ、ホイットニーヒューストンと、前座としてはありえないほど贅沢すぎる顔ぶれ!
次にアメリカ音楽史上最年少のプラチナアーティスト、ビリー・ギルマンの歌う「BEN」。これには参ったの一言!
風貌は違えど、往年のちびマイケルを思い出させる素晴らしい歌声で、前半にして一気に会場を魅了してしまう。


(このDVDの画像ではありません。画質はこの動画よりもキレイです。)

その後も、モニカ、デボラ・コックス、ラー・ディガ、マイヤ、タミアの女性陣が繰り広げる一風変わった「Heal the world」やグロリア・エステファンとジェイムス・イングラムとのデュエット「I just can't loving you」、デスティニーズ・チャイルド(彼女たち曲の間奏部分が一瞬ビリージーンにアレンジされている所がかなりシブい!)、マイケルの初主演映画「THE WIZ」のかかし役にちなんだステージを披露したジル・スコットなどなど、マイケルが登場しなくても食い入るように見入ってしまうステージの連発!
また「You are not alone」をミュージカル仕込みの彼女風で歌い上げたライザ・ミネリや「Man in the mirror」を98゜やアッシャーと共に歌ったルーサー・ヴァンドロス等の重鎮たちのステージもこのライブに更なる重みを加える。
中でも圧巻だったのが1979年の大ヒット曲で、以来213回も様々なアーティストがレコーディングしたといわれる「I will survive」を披露したグロリア・ゲイナーだ。
発表から20年以上経った当時(勿論30年以上経った今でも)でも全く色あせる事ない名曲で、マイケル絡みでない楽曲で一番会場(歌詞の内容からして、特に女性)の盛り上がりがすごく、オーラも半端なかった。


(このDVDの画像ではありません。画質はこの動画よりもキレイです。)

マイケルはもちろんだが、エリザベス・テイラーやルーサー・ヴァンドロスなど、今は既にこの世にいない面々をはじめ、ソロでもこの会場を埋め尽くせるほどのアーティスト達がたった1曲歌っては去っていくというこの贅沢さはもう二度と実現しないだろう。

そしてライブは第二幕へ。
エリザベステイラーのMCによる、このライブでの一番の見所であるジャクソンズの復活!しかもジャーメインも含めた6人体制の完全版!
1曲目の「Can you feel it」のイントロが流れ出したとたん、会場のボルテージは瞬時に限界値を振り切ってしまう!
画面を見ていて、盛り上がるというよりは会場全体が震え上がる感じすら覚えた。
会場に来ていたキャサリンママも待ちに待ったジャクソンズの復活を目の当たりにし、もちろん大喜び!


(このDVDの画像ではありません。画質はこの動画よりもキレイです。)

それからは往年のヒット曲ラッシュ。
マイケル自体は大掛かりなライブといえばヒストリーツアーのラストステージ以来4年ぶりだが、ジャクソンズのメンバーが揃ってとなると、全員が20年ぶりのステージとなる。
普通ならば少しのリハーサルではここまで息の合った素晴らしいステージを繰り広げるのは厳しいと思うが、そこは兄弟であり、幼少期の猛特訓の日々があるからこそなのだろう、インシンクの登場などもあり、約1時間、言葉にならない鳥肌立ちまくりのステージだった。

第三幕はお待ちかねの真打ち登場。マイケルソロステージ!
クリス・タッカーのマイケルものまねを交えた(これがそっくり!)MCでスタート。
少し年をとった気がするのは否めないが、それでも40歳とは見えないパフォーマンス!
ステージに上がった瞬間、前半の客席にいたマイケルとはまるで別人の史上最強のスーパースターがそこにいる。
色あせる事のない「The way you make me feel」、本当に最後になってしまった「Billie Jean」をはじめ、かなり久しぶりのスラッシュとの競演の「Black or White」、「Beat it」や、本来ならば翌日の9.11同時多発テロがなければ行われていたであろう「INVINCIBLE TOUR」でのマスト演目になっていたはずの「You rock my world」を披露。

全体を通してこのライブ自体が非常に構成が良く、観に行った人が本当にうらやましい限り。当日は盛り上がりすぎて終了が深夜0時半になったとか。
見所はこのライブに数え切れないくらい散りばめられているが、なによりこれがマイケルのファイナルステージであるならば見る以外に選択肢のない1本!
画質も文句なくキレイで永久保存版となるでしょう。






スポンサーサイト
2011-08-24(Wed) 19:08 DVD | TB(0) | コメント:(0) | 編集 |

管理者にだけ表示を許可する
⇒ http://ymj804.blog.fc2.com/tb.php/48-43049946


copyright © 2017 YMJ all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
マイケルジャクソン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。