FC2ブログ
blog top Category Archive All title Tag Search RSS Admin
プロフィール

YMJ

Author:YMJ
year of birth:1974
hometown:osaka
favorite song:off the wall
chief of HIStory store

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
【DVD】INTERVIEW WITH MICHAEL JACKSON (インタビューウィズマイケルジャクソン) [20110711]
今回ご紹介するのは「【DVD】INTERVIEW WITH MICHAEL JACKSON (インタビューウィズマイケルジャクソン)」です。
アメリカ人気のインタビュアー、オプラ・ウィレクリーがマイケルの自宅に乗り込んで、当時世間で噂になっていた様々なマイケルのゴシップネタについて次々と切り込んでいくドキュメント番組。当時マイケル34歳。
Interview with MJ
当時1993年2月は史上初の独占インタビューでなおかつ生中継!アメリカでは総視聴者1億人以上、視聴率40%以上を記録し、番組放送直後にはこの番組について各局のニュースで報道されるほど話題になったドキュメント番組。
日本では日テレが「激白!マイケルジャクソン衝撃の半生」と題し放映。このDVDはその映像がCMカットで丸々と収録されている為、日本語訳もバッチリ。

番組は当時初公開!カリフォルニア州サンタバーバラのマイケルの自宅(ネバーランド)からスタート。
想像としては暴露やゴシップ的な内容かと思っていたところ、全くそうではなく、マイケルもウェルカム状態で、非常にリラックスしている模様。

まずは子供時代の話から始まる。
ジャクソン家のTVが壊れてから音楽を習い始めた話から、子供の頃からスーパースターを約束されたマイケルが子供時代に払った代償の大きさまで、マイケルはこれを期に様々な誤解を解くためにインタビュアーのオプラに対して真正面から堂々と答えてだしている。
当時は公園で青空を拝む事や映画を見る事すら許されなかったマイケルが、なぜ現在子供たちと一緒にいるイメージが強いのかも後ほど明らかになる。

様々なゴシップネタに対するマイケルの怒りや、超有名人だからこそうける苦悩を本音で打ち明けている上に、当時付き合っていた女性もきっちりと明らかにしている。
マイケルの身になって考えると彼に対するゴシップネタが嘘である事は当たり前である事が再認識できる。
インタビュー中にマイケルが何度も言う、「ウソは何度も聞いていると事実になってしまう」という言葉の裏に込められた、何ともやりきれない思いも垣間見れる。
酸素室、エレファントマンの骨購入、肌の色の問題にしても、裏付けを持ってきっちりと否定。誤解している人たちもきっと納得するだろう。
何よりマイケルの表情を見れば一目瞭然。


(このDVDの画像ではありません。この動画よりもかなりキレイで、日本語字幕が入ります。)

「肌の色の事よりも、ミケランジェロの魂が何に感化されて美の偉大なる創造者に変化したか?
例えばこんな芸術的なことに時を過ごすことのほうが大切なんだ。
夕べ誰と誰がデートしたとか、どうして人は日光浴をするのかではない。大切なのは内面なんだ。」

きちんと確信を持って発言しているこのマイケルの言葉は胸に刺さる。是非前後の会話と共に見ていただきたい。

ゲストとして番組の途中に登場したエリザベステイラーのために自分が座っていた席を譲り、自分の家なのにずっと立っていた所にも彼のジェントルマンぶりが伺える。

その後マイケルとオプラは夜のネバーランドを散歩。マイケルがネバーランドを作ろうと思った真の意図も伺える。
ネバーランドはマイケルが子どもの頃に失ってしまった憧れの世界であり、難病などで普通の子どもたちのように遊べない子どもたちに、今まで体験できなかったワンダーランドへ逃げ込んできて欲しいという想いから作ったとの事。
ネバーランド内の映画館(ステージ?)には寝たきりでも楽しめるようにベッドも設置していたりするのを見ると、やはりどの角度から見ても幼児虐待をする人物とは間逆の位置に存在する人物である。
番組の後半部分ではオプラのリクエストにも次々と答えていく。「Who is it」のアカペラや、疑惑のかかったムーンウォークを生で証明したりサービス満点。

あなたの使命は?との質問に対し、「世界中の人々の心に音楽や愛やハーモニーを贈る『魂の楽器』となる事。世界中のあらゆる世代の人たちのために…それが神がボクに選んでくれた使命です。」と断言するマイケル。かっこよすぎる!

番組内でもオプラが言っていたが、インタビュー全般を通して、最初から打ち合わせがあったわけでもないのに、考えないと出てこなそうなマイケルの素晴らしい言葉や、普段は優しい目なのにこの類の件に関して話をしている時のマイケルの強い眼力の裏には、揺ぎないマイケルの信念が伺える。

結局マイケルの世界を超越している部分やそれを認めたくない、直視したくない、理解したくない人たちの「ねたみ」がゴシップを生み出している事実については悲しい限りだが、そういったこの世の影の部分はこれからも残念ながら続くであろうし、その餌食になる人もまだまだ出てくるだろう。

ただこの番組は、よくあるメディアの力を利用して事実をねじ曲げ、て誤った情報を世間にインプットしようとしている様な番組ではない。
番組を通して、等身大のマイケルにも出逢えるし、色々な発見もある。
最初は乗り気ではなかったが、見てよかったと思うし、まだ疑惑を持っている方たちにも是非見てもらいたい。そして見せてあげてほしい。

画質は終始問題なくキレイに見れます。



スポンサーサイト



2011-07-11(Mon) 14:30 DVD | TB(0) | コメント:(0) | 編集 |

管理者にだけ表示を許可する
⇒ http://ymj804.blog.fc2.com/tb.php/36-b9296e9c


copyright © 2021 YMJ all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
マイケルジャクソン